グッズ案内

[ 05.25 UP ]
BEAMS DESIGNSpecial Editionグッズを追加いたしました。
[ 05.11 UP ]
L.G.B「Tシャツ」WIZARD BLUE「岡山デニム / シャツジャケット」を追加いたしました。
[ 05.01 UP ]
【Zoff サングラス】“TAK MODEL”に関しまして
当初、レンズ交換対応可能とZoff社から伺っており、レンズ交換をZoff各店舗で対応しておりましたが、一部レンズ交換後の美観的及び見え方の点で、レンズ交換ができない事例が発生したとZoff社から一報を受けました。
Zoff社内でも協議を行っていただきましたが、結果、本商品の保安性の面から、度付きレンズへの交換対応を中止させていただきたいと申し出を受けました。
お客様には販売開始後で恐縮ではございますが、今後の入荷分につきましては、度付きレンズ交換の対象外となりますので、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
[ 04.26 UP ]
BEAMS DESIGNSpecial EditionグッズExhibitionグッズ「ズパゲッティバッグ」を追加いたしました。(※4月28日(土)より販売開始)

《Special Editionグッズ》
Exhibition “SCENES”開催を記念した限定グッズ、完全オリジナルデザインのディズニースペシャルエディションが遂にリリース!
ディズニーの人気キャラクターである、ミッキーマウス、ドナルドダックの完全書き下ろしデザイン3種をご用意。ライブやロック感をイメージしたイラストで、Tシャツ・ラグランシャツ・ハンドタオルを先行リリースします!その後アイテムを追加予定ですので、こちらもお楽しみに!

《BEAMS DESIGN》
ファッション・音楽・アート等のカルチャーを牽引してきたセレクトショップ「BEAMS」から生まれたブランド「BEAMS DESIGN」とのコラボレーショングッズが遂にリリース!
Exhibitionロゴをモチーフに、「BEAMS DESIGN」ならではのデザインとカラーを取り入れながら、普段使いもOK、ヘビーユース間違いなしのオリジナルパーカーを先行リリースします!その後、小物類などのアイテムを追加予定ですので、こちらもお楽しみに!

[ 04.12 UP ]
David Olive Accessories「キーチェーン(ピラミッド・ストーン)」、「ブレスレット(ピラミッド・ストーン)」を追加いたしました。
ご来場の方は、是非チェックしてください。
[ 04.09 UP ]
猿田彦コーヒー / NEW ERA / PORTERの紹介文を追加いたしました。
ご購入をご検討されている方、ご来場予定の方は、是非ご参考ください。
[ 04.02 UP ]
会場内に展示の写真の一部を受注販売しています。
写真の左上にある、★印が受注販売写真です。ご希望の方は、ストアレジ右横にあるレセプションデスクまでお越しください。
価格などにつきましては、最下部の写真販売の箇所をご確認ください。


コラボレーショングッズ

シグネチャーモデル

『made in HAWAII』日本の福島からハワイに移住した本永瀧蔵(タキゾウ)氏が1946年に創業。日本の草履を原型にハワイでも履けるサンダルを考案。デザインからハンドメイドの生産工程に至るまですべてをハワイで行う。創業から約70年経ちハワイローカルから世界中のファッショ二スタまでも虜にした履き心地はハワイならではの風土か実現したカタチです。
<アイランド・スリッパ>に足を入れるだけで、いつものアスファルトの道は草原になり、慌たたしい時間はゆったりと流れ始め、心の底からリラックスした気分が生まれます。「履き心地がいい」とはこういう事たと自然と思います。

1818年 文政元年創業。
三代目細田安兵衛(幼名栄太郎)が、父の代まで井筒屋と称して菓子商を営んできた屋台店をたたみ、江戸日本橋で、金鍔を焼いて商っていた日本橋西河岸(現在の榮太樓ビルの地)に店舗を構えました。
伝統を伝え、進取性を好む江戸っ子気質を菓子作りに生かし、南蛮渡来の有平糖を、もっと気軽にと、有平糖「梅ぼ志飴」をはじめ様々な菓子を創製致しました。江戸時代より昔も今も変わらない東京日本橋の菓子屋でございます。

「江戸切子」は、熟練職人達が、吹き上げ、仕上げ加工までを1つずつ全て手づくりで制作した硝子工芸品です。「国・東京都指定伝統工芸品」として認定されています。
「切子」とは、砥石等の研磨材を用いて硝子器に彫り込まれたカット模様のことです。この技法は、江戸時代の後期より現代に伝えられてきた伝統工芸のひとつです。外側に色硝子、内側に透明硝子を重ね合わせた、二層の硝子器にカットすることによって、無色透明のカット面と、色硝子の織りなす色彩のコントラストや、美しい輝きを楽しめます。

デザイナー自身の得意分野であるワークウェアやミリタリーウェアの要素を盛り込んだ市街は勿論、アウトドアフィールドでの使用にも耐え得るクオリティウェアやグッズを展開。

WIZARDとは俗語的な意味で「すばらしい」とか「凄い」という意味を持っています。
BLUEはインディゴや空や海など自然の中にある青を指しています。
これらのBLUEは全て画一的な青ではなく、場所や季節や時間など様々な要素が絡み合い豊かな表情を見せてくれるものです。
そしてその表情一つ一つが私たちを感動に導いてくれるようにWIZARD BLUEもそうありたいと思っています。

デザイナーのオジャガによって、2000年に創立したハンドメイドのレザーブランド。
一人旅で訪れたアフリカでの音楽文化や現地の人々の生活スタイルなどに触れ、レザーアイテムの製作を独学で始める。現在の立川店の場所にレザーアイテムを製作しながら駄菓子屋を開業後にレザーアイテムの評判が高くなり、駄菓子屋からレザーブランドに転向するデザイナー自ら海外で道売りをしたり、モロッコに自社工場を作って商品を製作する国境を超えた様々な製作スタイルを経て、立川の工房でほぼ全ての工程をこなす現在の自社生産を一貫した製作スタイルに至る。

時計にタフネスという新たな概念を築き上げたG-SHOCK。すべては、落としても壊れない時計をつくるという開発者の熱き信念、当時の常識を覆す、無謀ともいえる挑戦から始まった。

1981年、プロジェクトチーム・タフ結成。200を超える試作が繰り返され、約2年にも及ぶ歳月が費やされた。完成したのが、耐衝撃構造。タフの中核を担うテクノロジーの誕生である。

以来、G-SHOCKは、終わりなき進化を続けてきた。構造、素材、機能。あらゆる面から、さらなるタフを追い求めて。

どこまでも強く。その先の強さを目指して。G-SHOCK、その挑戦に終わりはない。

代官山に本店を構える、てぬぐい専門店「かまわぬ」です。「特別に何のお構いも出来ませんが 気軽にお立ち寄り下さい」という意味を込めています。
日本の伝統技法「注染(ちゅうせん)」ならではの手作りの風合いをお楽しみいただけます。「手拭いを売ること」だけではなく、手拭いなど古き良きものを新しい感覚で取り入れ提案しています。
外国のお客様にも人気が高く、海外へのお土産にもおすすめです。

ギャレット ポップコーン ショップス®は、アメリカ・シカゴに創業以来、65年以上にわたり最高品質のポップコーンを提供するために、良質のトウモロコシを育てるところからこだわってきました。
ギャレット ポップコーンだけのために、契約農家によって栽培されている大粒のトウモロコシはノンオイルでエアポップさせたものを使用。2種類の品種をミックスし、ふんわりサクサクとした軽い食感に仕上げています。
鮮度が命のギャレット ポップコーン、私たちは毎日お店のキッチンで少量ずつ丁寧に手づくりすることを大切にしています。

湖池屋は1953年に創業し常に新しいことに挑戦してきました。ポテトチップスでの日本初の量産化、独創的なブランド開発とロングセラーの育成で日本の「おやつの時間」をもっとおいしく、楽しくしてきました。
1、味にこだわり、
2、日本にこだわり、
3、現代品質を創る
総合スナックメーカーです。

私たちは、「たった一杯で幸せになるコーヒー屋」をモットーに、東京は恵比寿にて創業したスペシャルティコーヒー専門店です。
コーヒーという気難しい飲み物を、もっと気軽にたくさんの方々に楽しんでもらいたいという思いで成長してきました。それは何も私たちが真剣に考えずに気軽い気持ちでコーヒーに取り組んでいるというわけではありません。良質なコーヒーは、南米、中米、アフリカ、アジアを中心に真剣な眼差しで農作している生産者の手によって作られます。どういう味にしたいか、焙煎士がひた向きに取り組んだ末にコーヒー豆が出来上がり、お店ではひとつひとつ手作業でドリップコーヒーやカフェラテをお作りし、お客さまの笑顔に繋がればという思いでカップの中にコーヒーを注いでお迎えしています。
コーヒーが美味しければ、それを飲む方に幸せを感じてもらえるかもしれません。そして、そのコーヒーを一番気持ちよく飲んでもらうきっかけと雰囲気があれば、それが私たちの理想と考えております。

ライダースジャケットの代名詞ともいえるSchottの歴史は、1913年、ニューヨークでアーヴィン・ショットとジャック・ショットの兄弟によって始まりました。当初はレインコートを作る工場でしたが、1928年に世界で初めてフロントジッパーを採用したライダースジャケット「Perfecto」シリーズを発売。ボタン仕様しかなかった当時、画期的なジャケットとして話題となり、その後のライダース史に大きな影響を与えました。そして、Schottの名を世界に知らしめたのが50年代に発表された、星型のスタッズをエポレットに配した伝説のモデル”ワンスター“。伝説のロックミュージシャンたちに支持され、時代を超えた永遠の定番として今なお多くの人々を魅了しています。

2001年、Zoff誕生のきっかけは素朴な疑問でした。なぜメガネはこんなに高価なのか。毎日かけるものなのに、顔つきや表情の好感度を左右するものなのに、型も色もとても少ない。 疑問の大きさがそのままZoffを立ち上げるパワーの大きさになりました。
業界に投じられたZoffという一石。その小さなうねりは瞬く間にビッグウェーブとなり、「メガネは5000円の時代」がまったく新しい価値観となって社会に定着していきました。
「メガネの大革命」「業界のイノベーター」とと称されるZoff。その理由は、メガネ業界に存在しなかったSPA(自社で企画・製造・販売を一貫して行うシステム)を導入したことによるリーズナブルプライスの実現と即日仕上げという画期的なビジネスモデルの確立でした。2001年に東京・下北沢にオープンしてから17年。
現在も、200店舗以上を展開するその成長ぶりが、Zoffの革命に賛同していただいたお客様の気持ちを何よりも雄弁に物語っています。

1924年、創業者富山栄市郎がトミー(現タカラトミー)の前身となる富山玩具製作所を創設。その後1960年代にダッコちゃんや人生ゲーム、そして1970年代にはトミカや黒ひげ危機一髪、1980年代にはチョロQなどの数々のヒット商品を持つ総合玩具メーカーとなり現在に至る。

1919年、ニューヨーク州ロチェスターで二人の兄弟がニット製品の卸売りを始めた事からスタートした<Champion(チャンピオン)>。
優れた運動性能と耐久性を誇る、「スウェットシャツ」が米軍学校の訓練用ウェアに採用されてからこの約100年の間、いつの時代も品質に拘り、良い物作りに挑戦し続けてきました。
機能的なデザイン・耐久性・素材・縫製といったひとつひとつのディテールにこだわるクラフトマンシップは現在も脈々と受け継がれ、日本でも「THE KING OF SWEATSHIRTS」として親しまれ、現在も尚多くの方に愛用されています。

David Olive Accessories (DOA)は1999年にロスアンゼルスのメルローズにある 小さなアパートメントスタジオで産声をあげた。
これまでのラグジュアリーアクセサリーブランドの大量生産品と違い熟練の職人達の手で一つ一つ細部にまで拘りプライドと共に唯一無二の商品に仕上げられている。
結果、多くのミュージシャンやハリウッドのセレブリティに愛され注目され続けている。
カンパニーフィロソフィーである “We won’t make it if we wouldn’t wear it “は今も尚生み出されつずけるデザインにも脈々と受け継がれている。

「トラベラーズカンパニー」は、旅するように毎日を過ごすための道具をテーマに、トラベラーズノートを中心に、ブラスプロダクト、スパイラルリングノートなどの仲間となるプロダクト、及び、直営店舗「トラベラーズファクトリー」を展開しています。

「ニューエラ」は1920年創設、95年を超える歴史を持つ米国のヘッドウェア&アパレルブランドです。メジャーリーグベースボール(MLB)唯一の公式選手用キャップサプライヤーであり、そのルーツはスポーツにありますが、数多くのブランド、アーティストとのコラボレーションや、新しいスタイル、カテゴリーの商品を生み続けることで、ファッション/カルチャーの領域でも高い支持をうけています。

ハードロックカフェは、博物館のようにミュージシャンの衣装やギターを飾った店内で、ノンストップで流れる音楽を聴きながら、ボリューム満点なアメリカ家庭料理が楽しめるレストランです。また、レストランに併設する“ロックショップ”では、ロゴマークと各店舗の所在都市名をデザインしたオリジナルグッズを販売して人気となっています。

日本、香港、中国、台湾、タイに約150店舗を展開し、世界中のファッションとライフスタイルにまつわるモノを提案する人気のセレクトショップBEAMS(ビームス)。協業専門ブランドとして2016年秋に立ち上げた「BEAMS DESIGN」は、BEAMSが培ってきた選美眼や企画力、ノウハウを活かし、雑貨からインテリアまで私達の生活を取り巻くスタンダードなモノにあたらしいアイディアを加えて毎日の生活をこころ豊かに彩ります。

創業150年 以上を誇る世界有数のドイツの楽器メーカーで、初代Matthias Hohnerが世界で初めてハーモニカの大量生産を開始しました。彼は、家族や後継者などにも恵まれ、自社製品の品質の良さに絶対的な自信と誇りを持ち、更に世界で初めて飛行船が飛行した際には、それを記念した“ZEPPLIN”モデルをリリースしたり、世界を席巻したThe BeatlesをモチーフにしたThe Beatlesモデルをリリースするなど、革新的なアイデアで、幾多もの新製品を世に送り出します。結果、何十億本というハーモニカをワールドワイドでリリースすることに成功。その後もMatthiasは、製品の品質を最重視し、常に細心の注意を払って技術向上を目指しました。HOHNER社のブルースハープは、その代表格で、世界中のミュージシャンが愛用しています。
10ホールズハーモニカでこれまでにリリースしたシグネーチャーモデルは、Jean Jacques Milteau(ハーピスト)、Bob Dylan(フォークシンガー)、Steven Tyler(Aerosmith)、John Lennon(The Beatles)の4名のミュージシャンのみで、日本人として初となるB’zの稲葉浩志が、その5人目として認定されています。

1927年、オーストラリアにて、エドワード三世が大人の口に合うミントキャンディを開発し、ドイツ語の「ペパーミント」にちなんでペッツと命名したのがはじまりです。1950年に現在のようなディスペンサー容器になります。1953年には飛躍の契機になるアメリカでの販売を開始し、1962年にウォルトディズニーとの最初のコラボレーションを行い、ミッキーマウスの顔のディスペンサーを発売するなど世界中に人気となりました。日本に1972年に上陸し、以降森永製菓とともに50年近くにわたり日本でも愛されています。

鞄職人であった吉田吉蔵によって、株式会社吉田は東京・神田に1935年創業。
「ポーター」「ラゲッジ レーベル」をメインブランドとし、長く愛用していただける鞄作りを目指しています。技術と伝統に新たな試みを加えた鞄は、幅広い年代の方から支持をいただいています。
「一針入魂」を社是とし、日本製にこだわり鞄を作り続けています。素材選びからデザイン、縫製に至るすべての工程に手を抜かないものづくりを実現するには熟練した職人の高い技術力が必要です。私達のこだわりに共感し、望むような鞄を作るのは日本の職人をおいて他にないと考えています。これからも日本の職人たちと共に鞄を作り続けていきます。

『WHOOPEE』(ウーピー)とは、歓喜を表す言葉。死者を盛大に祀る伝統的なお祭り「死者の日」。死を恐れず、今を楽しんで生きる大切さを表すお祭り。その象徴は「スカル」。そのスカルが陽気でポップな『WHOOPEE SKULL®』『ウーピースカル®』として生まれかわりました。今日もどこかでウーピースカルは楽しんでいることでしょう。そして今日もどこかでウーピースカルは人々に歓びを届けています。

Re_Twelveとは「Re=繰り返し・Twelve=時、越えて代々受け継がれゆく」からイメージされた造語です。ヨーロッパ文化にあるようにジュエリーを親から子へ受け継がれていくことをジュエリーの高みと位置づけ、時を越えて代々受け継がれながらも個性を引き出すアイテムジュエリーを目指し、作り続けています。
2002年国内有数のシルバージュエリーブランド「THIRTEEN DESIGNS」よりデザインの依頼を受けて製作を始め、徐々に作品がファッション誌を飾り多くの著名ミュージシャンから支持を受けステージ上だけにとどまらず、プライベートでも愛用されました。
十数年間同ブランドのデザイナーとして新作活動を行い、2016年自身のブランド「RE_TWELVE」を立ち上げました。

ROOTOTE(ルートート)とは「Fun Outing!~楽しいお出かけ!~」がコンセプトのトートバッグ専門ブランドです。使用シーンに最適な大きさや形、豊富なデザインバリエーションを常に提案しています。普段使いに便利な機能を備えたデザインは、お気に入りのルートートを探す楽しさを幅広い年代の方に感じて頂けるはず。限定品やコラボレーション企画も多数展開しています。目印はRマークのブランドタグ。カンガルーのおなかの袋からヒントを得た「ルーポケット」がアイデンティティです。

国内外の有名ア−ティスト達から愛され続けるブランド「 L.G.B. 」。
海外の各主要都市ナンバー1セレクトショップのみ展開する同ブランドは海外セレブの顧客ファンを魅了して止まず、今も尚ワ−ルドツアーのステ−ジ衣装依頼は後を絶たない。
90年代初めにオープンした麻布の老舗セレクトショップ「LE GRAND BLUE 」は友人であるジャックマイヨールの半生を描かれた映画から名付けられ、同ブランド名はこのショップ名の頭文字からなる。
コンセプトは時空を超越できるトラベラーの主人公が好きな時代を行き来し、世界中、宇宙のあらゆる地で多様な自然やカルチャーをMIX UPする。
他にブランド「 IF SIX WAS NINE 」も展開する。

大自然に恵まれたハワイでは、古来から花や木、海などに神々の魂が宿ると信じられてきました。
神々に守ってほしいという願いを込めて、それらのモチーフを刻んだジュエリーを身に付け、やがてそれば、神聖な愛の告白、尊敬の気持ち、家族や友情といった絆を象徴するものとして、世代を越えて、受け継がれるようになったのです。
唯一無二の輝きを放つ本物のハワイアンジュエリーを、日本に届けたい。そんな想いからブランドを立ち上げて、20年。わたしたちのジュエリーは10万人をこえるお客様に愛され、ともに人生を重ねています。

MOLESKINEは、2世紀以上の間、ピカソやゴッホ、ヘミングウェイなどの多くの芸術家や思想家が愛用してきたフランス発祥の伝説的ノートブックを継承するイタリアブランド。
今ではノートブックから着想したツールやバッグも展開し、ライフスタイルブランドとして世界中で愛されています。

ミッキーマウスが、スクリーンデビューしたのは、1928年。

挑戦にワクワクして、イタズラに目をかがやかせ、失敗してもすぐに立ち上がって、胸を張って歩きだす。
そんな明るいミッキーの姿は、どんなときでも、みんなを笑顔にしてくれた。

そして、これからも、ミニーや、ドナルドと一緒に、ミッキーの冒険は、続く。
未来はきっと、楽しい発見にあふれていて、ミッキーは好奇心のままに、前を向いて、進んでいく。

これまでも、これからも、想像を超えて。




Exhibitionグッズ



会場に展示の、過去のアーティスト写真・ライブ写真の一部を、作品として受注販売いたします。

ご注文いただいてから商品をご用意いたしますので発送までお時間がかかります。予めご了承ください。
サイズはA5/A4/A3/A2の4サイズからお選びいただけます。

※レセプションデスクにて受付を予定しております。
※送料は別途となります。

●A5 (148mm×210mm)¥15,000(tax in)
●A4 (210mm×297mm)¥35,000(tax in)
●A3 (297mm×420mm)¥70,000(tax in)
●A2 (420mm×594mm)¥100,000(tax in)
※フレームは付きません。

詳細は会場にてご確認ください。